戌の日に安産祈願に行く「帯祝い」

犬は、子沢山でお産が楽だといわれています。「帯祝い」とは、妊娠5カ月目に入った最初の戌の日(いぬのひ)に安産を祈ってさらしの腹帯を巻いて祝う習わしのことをいいます。戌の日とは暦の上で決まっています。干支は生まれ年に使われるのが一般的ですが、実は1日1日にも干支が割り振られているので、戌の日は12日に一度めぐってきます。帯祝いにあわせて安産祈願をする事が多いと言われていますが、安産祈願自体はいつ行っても構わないようです。

腹帯って何?

腹帯とは、妊婦さんのお腹に巻く帯のことで、岩田帯とも言われます。腹帯には、2つの効果があると言われています。ひとつは、大きくなったおなかが動かないように固定されて楽になること。腹帯をつけることで、からだのバランスがうまく取れて、おなかの赤ちゃんへの衝撃をやわらげることができます。もうひとつは、妊婦さんのおなかの保温ができることです。

妊婦さんのおなかにぐるぐると巻く腹帯の他、筒状でおなかをすっぽり包み込む妊婦帯やおなかとお尻を下から支えるマタニティーガードルなどがあります。

妊婦帯にはマタニティーガードルと一体になったものやベルトタイプなどがあり、バリエーションも豊富です。

腹帯は自分で用意したものでも良いですし、神社で購入できる場合もあります。腹帯があるかは神社によって違うので、事前に調べておくと良いでしょう。

 

赤ちゃんが産まれたら、腹帯やいただいたお守りはどうするの?

腹帯はおめでたいものなので、赤ちゃんの肌着に作り替えたり次の妊娠のときの為にとっておくと良いでしょう。ただし、雑巾のような粗末になるようなものに使ってはいけません。

お守りと一緒に神社に持って行くと、お焚きあげしてもらえます。