かんたん!産褥体操

産後からだはいっぺんに元に戻るわけではありません。

ホルモンの変化によって徐々に回復し、正常な機能に戻るためには個人差がありますが6~8週間(産褥期)かかります。この時期はからだを安静にするのが第一ですが、全く動かないのも良くありません。

産後の体操はママの回復力を助けるのにとても効果があり、無理のない運動です。

褥体操は急に沢山の種類の体操を始めるのではなく、

 

1日目・・・腹式呼吸・胸式呼吸・首の体操

 

2日目・・・腹式呼吸・胸式呼吸・首の体操・足の体操・腹筋体操

 

3日目・・・腹式呼吸・胸式呼吸・首の体操・足の体操・腹筋体操・腕の体操

 

というように、一日ずつ増やしていきます。

※産褥体操を行う際には、必ず助産師さん、もしくはお医者さんに相談してから行って下さい。

お産直後や、特に帝王切開など特別な処置を受けた方は傷口が痛む場合があるので、注意が必要になります。

 

 

~腹式呼吸のやり方~

 

①仰向けになって、膝を立てる

 

②おなかが膨らむのを意識しながら息を深く吸い込み、少し息を止めます。

 

③おなかがへこむまで、ゆっくりと息を吐き出していきます。

 

数回繰り返します。

 

~胸式呼吸のやり方~

 

①仰向けに寝て、両手を胸の上にあて置きます。

 

②ゆっくり呼吸をしながら胸を膨らませたり、へこませたりします。

 

数回繰り返します。

 

~首の体操のやり方~

 

仰向けになり、楽にして首を左右にゆっくり動かします。

 

~足の体操のやり方~

 

仰向けになったまま、足首を立てたり伸ばしたりします。

 

立てた時に、ふくらはぎが気持ちいいと感じます。

 

~腹筋を鍛える体操~

 

①仰向けに寝て、両手を添えるように軽くおなかの上に置きます。

 

②自分のおへそを見るようなイメージで、ゆっくり首を起こして倒します。(首を上下させる)

 

~腕の体操のやり方~

 

①仰向けに寝た状態で、両腕をまっすぐ伸ばし上に挙げたり下ろしたりします。

 

②ゆっくり繰り返します。

 

座って、ゆっくり肩回しをするのも効果的です。