乳頭マッサージで赤ちゃんの吸いやすいおっぱい作り!

赤ちゃんを育てるのに母乳育児を考えているなら、乳頭マッサージ(おっぱいマッサージ)は大切です。

この乳頭マッサージはおっぱいの出をよくすることや、乳頭の硬さをとるのにも効果的です。乳頭と乳輪をマッサージすることで乳頭の伸びが良くなって授乳の際の摩擦にも強い乳頭になるので、乳頭マッサージを行っておくことでおっぱいトラブルの予防にもなります。

今回は乳頭マッサージの仕方などを中心にご紹介しますのでぜひ、参考にしてくださいね。

 

乳頭マッサージはいつからはじめる?

乳頭マッサージは妊娠中からはじめるのがおすすめです。ただし、妊娠初期はマッサージの刺激により子宮が収縮してしまう可能性があるので行ってはいけません。早くても妊娠28週目くらいからにしましょう。

妊娠後期でもマッサージ中にバストに張りを感じたら中止するようにしてください。

できれば乳頭マッサージを行っていいかを助産師さんやお医者さんに相談して下さいね。

産後は授乳前やそれ以外のときも行いましよう。

 

乳頭マッサージに必要なもの

乳頭や乳輪部は敏感なので、マッサージの際は低刺激な専用のクリームをつけてから行うのがおすすめです。

専用クリームはバストマッサージにも使えるものが便利です。

 

乳頭マッサージのやりかた

①親指、人差し指、中指の3本で乳頭の付け根をつまみ、軽く引っ張ったり左右に回したりしてマッサージしましょう。

②人差し指と中指で乳頭をはさみ、親指で乳頭の先を回すようにしてマッサージしましょう。

 

 

授乳時間が痛くて辛い時間にならないように、乳頭マッサージでケアしましょう!