妊娠して太るのは当たり前?

妊娠すると、『2人分だからモリモリ食べなくっちゃ!』『たくさん食べてしっかり蓄えなくちゃ』と考えているママさんが多いのではないでしょうか。 たしかに妊娠中のからだはホルモンの働きもあって、太りやすくなります。皮下脂肪をつけて、おなかの赤ちゃんを守ろうとしたり、出産や産後のおっぱいに備えて、エネルギーを蓄えようとします。 出産の出血に備えて循環する血液の量も増えています。 もちろん大切な赤ちゃんのためにしっかり栄養を摂ることはマストです。 しかし、太りすぎは禁物!その主な原因は水分の蓄積ですが、さまざまな合併症の引き金になります。 また、出産後『あれ?おかしいなあ・・体重が減らない・・・』なんてことにも。 じゃあ体重管理って一体どうすればいいの? もともとの体型によって目標とする数値が違います。まずは自分のタイプをBMI(Body Mass Index)で調べてみましょう。 BMIというのは、いま国際的に最も信頼されている、体格指数です。医学的に最も病気が少ない数値を22として、18未満をやせぎみ、25以上を太めとしています。

一気に太りすぎるのは危険!

いくら適正範囲といっても、一気に太ってはダメ! 1週間に500g以上増えるようでは増えすぎかもしれません。 妊娠前にはなかった高血圧、蛋白尿、むくみなど様々な異常が起きるおそれも出てきます。 もし、1週間で500g以上増えてしまったときは、その週の食事を反省して、次の週は500g未満の増加で済むように抑えましょう。体重は、なだらかな曲線を描いて増えていくのが理想です。

痩せすぎや、過度なスポーツやダイエットでの体重管理も禁物!

ママが痩せすぎていると低体重児(2500g未満)の赤ちゃんが生まれる割合が高くなるという報告もあります。 BMIが18未満のやせ形タイプの人、また体重がなかなか増えない、増えにくいという人は、できるだけバランスよい食事を心がけましょう。 体重管理はあくまで食事が基本です。妊婦さんになってから急に体重管理を目的に運動を始めるのは、考えものです。適度な運動や散歩、ストレッチなどは、気分転換や筋肉の力を保つためにもおすすめですが、過激な運動でカロリーを消費しようとか、ダイエットで理想体重に収まるようにと考えるのは大まちがい!運動は医師の許可を得て、無理しない範囲で行いましょう。妊娠中毒症の治療の原則は安静と食事療法です。