健康肌だったのに妊娠したら急な肌荒れ!

なんのトラブルもなかったのに妊娠してからお肌がカサカサ、ブツブツなんてことに!!

妊娠するとホルモンバランスにも変化が起き、さらに体調や気持ちも不安定になりやすくなるので突然の肌荒れに慌てるママも少なくありません。

女性にとってお肌の美しさを保つことは重要なことですから、肌荒れがなかなか治らないとストレスになってしまいます。おなかの赤ちゃんにもママのストレスは良くありません。

今回は、その原因や対処法を詳しくご紹介します。

 

なんで妊娠すると肌荒れが起きるの?

妊婦さんの肌荒れの原因はさまざまなことが考えられ、一つだけでなくいくつかの原因が組み合わさっていることがあります。

 

1水分不足

妊娠初期はホルモンバランスや自律神経が崩れ、食欲不振やつわりが起きやすくなってきます。

なかには味覚が偏り甘いものや脂っこいものばかり食べたくなる人もいます。

そのようなことが原因で食生活が乱れると必然的に水分不足や栄養不足になってしまいます。

妊娠中期から後期にかけてはおなかの赤ちゃんを育てるための羊水を作ったり、血液を作るためにたくさんの水分が使われます。

水分不足になるとお肌にうるおいが無くなってしまい乾燥してしまったり、ハリを失ってシワができやすくなってしまいます。

 

2ホルモンバランスの変化

妊娠すると女性ホルモンが急激に増えるため、ホルモンバランスが大きく変化します。

子宮の状態を整えるためプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加してホルモンバランスが乱れ、肌質が乾燥肌か脂性肌のどちらかに偏ってしまうことがあります。さらに敏感肌にもなりやすく、今までの化粧品が合わなくなってしまうこともあるようです。

 

3便秘

妊娠すると増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、子宮を収縮するのを防ぐために胃や腸などの消化器官の働きも抑制する作用があります。

その他、つわりなどによる食欲不振や水分不足により便秘になりやすくなります。

便秘になると有害物質がお肌に溜まり、肌荒れの原因になってしまいます。

 

4不安やストレス

出産に対しての不安や、変化する体調などでストレスを溜めやすくなります。

つわりの時期などは周りからも心配され「からだを休めて。無理はしないで」と行動を制限されてしまいストレスになることも。

また、妊娠中のホルモンバランスの乱れは気持ちも不安定になりがちです。

ストレスは肌荒れの原因になり、肌荒れがまたストレスの原因になってしまうスパイラルにも陥りやすくなってしまいます。

 

5おなかの赤ちゃんに栄養が使われる

水分だけでなく、キレイなお肌を維持するためのビタミンやミネラルなどの栄養も赤ちゃんのために優先的に使われます。

なので妊娠している間はなかなか肌荒れが治りません。

 

いつまで続くの?!

妊娠初期には、プロゲステロン(黄体ホルモン)が一時的に大量に分泌しますが、つわりが落ち着きだす妊娠中期ごろには肌荒れも治まってくるママも多いようです。

ただ妊娠中の肌荒れはホルモンの影響を受けやすかったり、生活環境などにも大きく左右されるので個人差があり長引くケースもあります。

ひどい場合には産後も痕が残ってしまったりするので、毎日のスキンケアは地道に続けましょう。

どうしたら治る?!対処法

妊娠する前の肌の状態と妊娠してからの肌質が変わってしまうことが多く、今までは大丈夫だった化粧品が合わなくなってしまったり、ピーリングなどの強い刺激がお肌の負担になってしまうこともあります。

お肌にやさしいケアを毎日続けましょう。

 

1規則正しい生活習慣を心がける

夜には充分な睡眠をとり、朝は日光を感じて生活のリズムを整えると、ホルモンのバランスが整います。

お肌のダメージは、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって修復されますので肌荒れの回復にはしっかりと睡眠をとることが重要です。

成長ホルモンは眠りに落ちてから3時間の間にだけしか作られません。

遅くなっても日付が変わる前には布団に入るようにしましょう。

 

2バランスの良い食事をとる

妊娠中は栄養が赤ちゃん優先に供給されてしましますので、栄養のあるものをバランスよくとるように心がけましょう。

つわりや胃もたれでいっぺんに食べられない時は小分けにして食べたり、間食も果物や小魚など栄養のあるものをとりましょう。

 

3水分補給をする

赤ちゃんを守る羊水や、赤ちゃんの血液を確保するために多くの水分が使われます。また、妊娠中は普段に比べて汗をかきやすくなります。

こまめに水分補給をしておかないと母体からどんどん水分が抜けてお肌の乾燥の原因になってしまいます。

お水にレモンの輪切りを浮かべるとつわり中でも爽やかな口当たりになりビタミンCもとれるのでおすすめです。

 

4紫外線対策はしっかりとする

妊娠中は普段に比べ、紫外線からお肌を守ろうとするメラニン色素が分泌されやすくなります。

メラニン色素はシミやそばかすの原因になります。日差しの強い日だけに限らず曇りの日でも外出の際には紫外線対策をしましょう。

紫外線対策には帽子や日傘などの他、お肌に負担のかけない日焼け止めも忘れずに塗りましょう。

 

5適度に運動する

激しい運動は禁物ですが、無理のない適度な運動はお肌のターンオーバーを促進させます。

運動すると新陳代謝が活発になり老廃物も取り除かれ、血の巡りも良くなりくすみも解消されます。

また、乱れがちな気持ちも、からだを動かすことでストレス解消になります。

テレビを観ながらの軽いストレッチや、近所をお散歩してみるのも良いでしょう。

 

6加湿器で乾燥予防

妊娠中はただでさえ水分不足になりがちでお肌が乾燥しやすくなります。

特に秋から冬にかけては空気も乾燥しがちになり、さらにエアコンなどの暖房も湿度を下げてしまいます。

加湿器を使ってお部屋の湿度を適度に上げましょう。

7毎日のスキンケアは習慣にする

きれいなお肌は一日では作ることはできません。毎日の継続が大切です。

妊娠でデリケートなお肌には、お肌に近いベース成分でつくられたやさしい成分のスキンケアグッズがおすすめです。

乾燥しがちなお肌をしっかり保湿、回復してくれるクリームやオイルを選びましょう。

お肌に痒みや痛みが続く場合には、無理をせずお医者さんに相談しましょう。

 

 

妊娠中はお肌もこころもいたわって

妊婦さんはお肌もこころもとてもデリケートになります。

妊娠のからだの変化が起因になるので、肌荒れの原因を取り除くことはできませんが、お肌への負担を極力抑えることはできます。

不安やストレスをため込まずおおらかな気持ちで、毎日のスキンケアを心がけましょう。