産後のお肌にシミ・しわを作りたくない!ママのためのUVケア方法

赤ちゃんも大きくなってくると、公園などお外にお出かけする機会が増えてくると思います。

赤ちゃんとの適度な外出は、赤ちゃんにもママにも良い影響があります。

赤ちゃんにとって生活リズムが整うので、ちゃんと夜寝るようになります。ママにとっても気分転換になるので、メンタル面での改善になります。

ただし気を抜いてはいけないのがUVケア!

日差しの強い夏だけに限らず、お日様が登っていれば季節を問わず紫外線は降り注いでいます。

また、産後のお肌は紫外線に弱くシミ・しわができやすくなります。シミ・しわができると一気に老けた印象になってしまいます。

ママになってもキレイなお肌でいたいですよね。

産後のお肌がなぜ紫外線に弱いのか、後の祭りにならない為のUVケアはなにをすれば良いのかお教えします。

 

産後のお肌が紫外線に弱いのはなぜ?

妊娠・出産を機に女性のからだにはホルモンバランスの崩れから様々な変化が現れます。

その変化の一つにお肌のバリア機能の低下があります。バリア機能は体内へ有害な物質が入り込むのを阻止する役割があります。働きがうまくいかなくなってしまうと外的な刺激に負けやすくなり、お肌を弱くしてしまいます。妊娠前に使っていた化粧品が合わなくなったり、食べ物でアレルギーが出たりすることがあります。このような産後の変化は、数ヶ月で落ち着くこともあれば人によっては何年も長引くことがあります。

バリア機能が低下すると、お肌の水分量が減ってしまいます。お肌のうるおい成分であるセラミドが通常時の40%もなくなってしまうのです!

乾燥はお肌表面の角質層をカサカサにしてしまうため、紫外線のダメージを受けやすくなります。

お肌が乾燥してきたらバリア機能が低下しているサインです。

 

バリア機能が低下したお肌に紫外線があたるとどうなるの?

バリア機能が低下したお肌は紫外線のダメージを通常よりも強力に受けてしまいます。

通常、紫外線の影響で黒くなったお肌はターンオーバーというプロセスで健康的なお肌を維持します。ターンオーバーとは古くなった角質を排出し、新しい皮膚に生まれ変わることをいいます。

しかし、バリア機能が低下したお肌ではターンオーバーがうまく働きません。

そのため、メラニン色素をお肌の内部に閉じ込めてシミ・しわを作りやすくなってしまうのです。

 

シミ・しわは作りたくない!どんなUVケアが必要?

①お肌に近い成分のスキンケアで保湿をしましょう。

お肌のバリア機能の低下とは、お肌そのものにダメージがある状態をいいます。セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸といったお肌に近い成分のスキンケアでダメージを修復しながら保湿していきましょう。

②外出時の日焼け止めは必須!産後のお肌に適した日焼け止めとは?

紫外線吸収剤が多く含まれる日焼け止めは紫外線防御効果が高い分効果が期待できそうで魅力的です。しかし、お肌への負担が大きい上に洗顔の際にも落ちにくくお肌のバリアを壊してしまいやすいという面もあります。紫外線散乱剤を用いた日焼け止めはお肌への負担は少ないのですが、成分が白い粉末なので白浮きしやすくメイクとの相性が悪いことがあるというデメリットがあります。

産後の敏感なお肌には、紫外線吸収剤が直接お肌に当たらない処方がしてある日焼け止めクリームを使う事をおすすめします。こまめな塗り直しもお忘れなく。

 

↑紫外線吸収剤が直接お肌に触れない『カプセルインUV処方』の日焼け止めミルクはこちら

 

③紫外線ピークの時間帯の外出は避ける

日差しが強くなければケアをしなくても大丈夫じゃないの?という油断は禁物。たとえ曇りでも雨でもお日様が昇っている限り、一年中紫外線は降り注いでいます。

しかし紫外線ピークの時間帯はずらした方が直撃は免れます。特に5~8月にかけての9~15時の時間帯は要注意です。

気象庁のHPを見ると地域ごと時間別の紫外線量を知ることができます。お出かけの際にはチェックすると良いでしょう。

 

④つば付きの帽子やサングラスで日差しをカバー

頭皮や髪も日焼けします。頭皮の日焼けからもシミになりますし、髪も熱により傷んでしまいます。帽子や日傘で予防しましょう。また、粘膜は紫外線をお肌以上に吸収してしまいます。お肌のケアはしていたのにシミがからだ中にできてしまった場合は、目からの紫外線の吸収が考えられます。

強い日差しの外出はできるだけUVカット効果のあるサングラスをかけましょう。

 

UVケアだけではなく基本的な生活習慣も大切

シミやしわを防ぐにはもちろん紫外線を防ぐことは大事なのですが、根本からの対処法を怠っては改善されません。健康的な生活習慣を見直しましょう。

①良質な睡眠

良質な睡眠は代謝を高めてお肌のサイクルをスムーズにします。

入眠からしっかり集中して3~4時間眠るスタイルが良い眠りを確保できると言われています。

途中で起きることなく3~4時間熟睡の熟睡を行うとホルモン産生機能を有効に働かせて健やかな素肌を作る力がアップします。

体内時計を正確にするためにも決まった時間に入眠すると良いでしょう。

ただ子育て中には赤ちゃんが夜泣きをして、決まった時間に熟睡するのは難しいかもしれません。

赤ちゃんに合わせて一緒にお昼寝などをして睡眠不足にならないようにしましょう。

②栄養バランスの良い食事

バランスのとれた食事を心がけながら、新陳代謝が良くなる抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂ると良いでしょう。トマトやカボチャなどの緑黄色野菜や、ニンニクやネギなどの香りが芳しい食べ物にも抗酸化物質が多く含まれます。ゴボウなどの根菜は抗酸化作用に加え、食物繊維が豊富でお通じの改善にもなります。

 

③ストレスを溜めない

ストレスを長いこと感じると、血行が悪くなりお肌にも影響がでてきます。

ストレスをゼロにするのは難しいかもしれませんが、上手に発散させて溜めこまないようにできるといいですね。

逆に幸せを感じると、脳からセロトニンという脳内物質が分泌されます。このセロトニンが分泌されると脳内は幸せに満たされ女性ホルモンの分泌が活発になり美肌になるのです。

身近なことからでも幸せを見つけて、楽しんで過ごしてみましょう。

たまにはママ友とお茶をしながら悩みを聞いてもらうのもいいですね。

 

④適度な運動をする

運動すると血行が良くなり、新陳代謝も良くなるので健やかなお肌になります。

育児に忙しいママはなかなかスポーツをする時間が無いかもしれませんね。しかし赤ちゃんとのお散歩やお家でストレッチをするだけでも運動になります。ポイントは筋肉を使うこと。動作にメリハリをつけるだけでも筋肉を鍛える事ができます。姿勢を正す、歩くときに歩幅を大きくするなどを意識しましょう。

 

まとめ

産後のお肌が紫外線に弱くなってしまうのは、お肌のバリア機能が低下していることが原因の一つです。

根本的に生活習慣から見直しお肌の健康を改善し、さらに毎日のスキンケアやUVケアでシミ・そばかすを防ぎましょう。いつまでも若々しいママのキレイのためにママ肌は応援していきます。