産後のかゆくて辛い手湿疹!原因と対処法

産後、手がかゆくて辛い思いをしていませんか?

手に発症する皮膚炎のことを手湿疹(てしっしん)といいます。指や手のひらの皮膚が乾燥して固くなったり、ひどい時には水疱(すいほう)ができてしまいます。強いかゆみをともない、掻くとますます悪化してしまいます。もともと水仕事の避けられない主婦に多い皮膚炎ですが、産後のママは特に手湿疹になりやすいと言われています。

赤ちゃんのほっぺや柔らかいお肌にカサカサの手で触るのはちょっと気になりますよね・・・

 

産後のママが手湿疹になりやすいのはなぜ?

手湿疹は本来水仕事や刺激の強い洗剤でお肌の保護バリアが低下し、乾燥することが原因で発症します。それに加え下記のように産後のママは手湿疹になりやすい原因があります。

1.ホルモンバランスの変化

妊娠、出産はホルモンが急激に変化します。産後はお肌の修復作用のあるエストロゲンという女性ホルモンが一気に減少するので手湿疹が起こりやすくなります。

 

2.免疫力の低下

出産という大仕事を終えてママのからだは体力や免疫力が低下しています。免疫力が低下すると炎症が起こりやすくなります。

 

3.ストレス

産後は慣れない育児や、ホルモンバランスの変化による体調や気分の乱れからストレスを溜め込みがちになります。ストレスは肌荒れの原因になるため、手湿疹の発症率もあがってしまいます。

 

 

手湿疹を防ぐためのケアは何をすればいいの?

手湿疹はお肌の乾燥によりひどくなってしまいます。予防するにはこまめに保湿しましょう。

保湿には赤ちゃんのお肌に触れても安心な成分のハンドクリームがおすすめです。

↑安心で何度も塗り直しのいらないハンドクリームはこちら

 

また、できるだけストレスを溜めこまないようにしましょう。

赤ちゃんが夜泣きで夜ゆっくり眠れないときは、赤ちゃんが寝たときに合わせてお昼寝をして睡眠不足を補ってください。睡眠は体力を回復してくれるので免疫力UPに繋がります。

手湿疹になってしまったら放っておかず、皮膚科にいってお医者さんに診てもらいましょう。