ママの様子

出産直後は女王様になった気持ちで、ゆっくり体を休ませて

出産はママにとって一生のうちの大仕事。本当にお疲れさまでした。
産後6~8週間の出産からからだが回復するまでの期間を産褥期(さんじょくき)といいます。この時期は女王様のように、ささいなことでも周りの力を借りて、ゆっくり羽をのばしましょう。

産褥期には気分が落ち込んだり不安になることがありますが、一時的な場合が多いので気にしすぎないようにしましょう。症状が改善されない場合、まれに産後うつや産褥期精神病などの可能性がありますのでお医者さんに相談しましょう。

↑産後うつや産褥期精神病についてはこちら
産後徐々にからだが回復することを「産後の肥立ち」と言いますが、この産後の肥立ちは産褥期の過ごし方で回復のスピードが左右されます。
そのため、この時期は回復期間だと考えできるだけゆっくりとからだに負担をかけず過ごしてください。

産褥期はどう過ごせばいいの?

産褥期をどう過ごすかで、ママのからだの回復の早さが左右されます。

では、どのように過ごせば産後の回復を早めることができるのでしょうか?

まず第一に安静にすることです。外出もできるだけ控えて、からだを動かし過ぎないよう気をつけましよう。

この時期は悪露で出血が続き、貧血になりやすい時期なので、めまいや動悸を感じたときは無理をせず横になりましょう。里帰り出産のママは、家事は家族に任せて体力の回復に集中しましょう。育児も1人で全て抱え込まずに家族にサポートしてもらいましょう。里帰り出産しないママは旦那さんを頼り、買い物も家まで届けてくれる宅配サービスを利用すると良いでしょう。できるだけ無理をしないよう心がけてください。

産後は、からだを休める時期なので、できるだけ安静にしておいたほうが良いのですが、全く動かないのも回復が遅れる原因になります。産後すぐにできる「産褥体操」がおすすめです。産褥体操は寝ながら足先をちょっと動かす程度の軽い動きからスタートして、少しずつ運動量を増やしていく体にやさしい体操です。布団の中でもできる軽度な運動なのですが、いろいろな効果を期待できます。

↑産褥体操のやりかたはこちら

また、この時期は免疫力が下がっているので感染症や病気にかかりやすくなります。清潔にするのを心がけましょう。お風呂で湯船に浸かるのも、性行為を行うのも、産後の1ヶ月検診を終えて順調に回復がみられてからにしましょう。

栄養バランスのとれた食事も体力を回復する秘訣です。特に鉄分やカルシウム、たんぱく質を積極的に摂取するのが産後の回復の要になるので、これらの栄養素を多く含んだ食べ物を上手に取り入れましょう。レバーやほうれん草には鉄分が豊富に含まれ、一緒に野菜などのビタミンCをとると吸収をより高めてくれますよ。

産後はお肌のバリアが低下

産褥期は、出産という大仕事を終えたあとの力尽きている状態です。

お肌のバリア機能も低下し、外的刺激が肌内部に侵入しやすい状態になります。その結果、角質層で水分が保持できなくなって乾燥が進んだり、敏感肌になったり、シミや湿疹が現れたりといったトラブルが起きやすくなります。

育児で忙しいので自分のスキンケアは後回しになりがちですが、保湿だけはしっかりするようにしてください。普段使っていた化粧品が合わないと感じたら、しばらくは使用を中止し、お肌に合った、なるべく刺激の少ない優しいものに換えましょう。スキンケアに時間がかけられないママには、オールインワンタイプの化粧品がオススメです。

 

✿ママの体調✿

・「子宮復古」とは、妊娠中にお腹の赤ちゃんや羊水などにより子宮が大きく膨らみますが、産後には大きくなった子宮も縮小して約1ヶ月で元の大きさに戻ることを言います。その際痛みが起こることがあり、これを後陣痛と呼びます。

・骨盤は出産時に大きく広がって不安定になりますが、約1ヶ月かけてゆっくりと戻っていきます。

・子宮に溜まっていた血液や粘着性のある分泌物などが混ざったおりものを悪露(おろ)と言います。悪露は産後しばらく続き、胎盤が取り出された際にできた傷によるものです。 産後2~3日は量が多く赤黒い色をしていますが、その後は出血量も減っていき1ヶ月経つとおりものの色も透明へと変化します。悪露がなくなるタイミングは個人差があります。

・会陰切開をした場合、1週間かからないうちに傷もふさがるとされています。 産後しばらくは座ったり立ったりしていても痛みや違和感がありますが、長くても1週間で完治すると言われています。

 

✿この時期のママへのアドバイス✿

・初乳はなるべく飲ませるようにしましょう。 (初乳にはタンパク質やビタミン、抗体、ラクトフェリンを多く含み、乳糖や脂質が少なく、さらに栄養価が高く、免疫力を高める働きがあります)

・寝たきりなど同じ体勢をとり続けると血流が悪くなってしまうので、産褥期にでも出来る、無理のない体操をしましょう。(足や首の関節を回すなど)

・2ヶ月ごろから赤ちゃんの予防接種が始まるので先生と相談しましょう。

赤ちゃんの様子

1日中、寝たり起きたりしています

生後4週間を新生児期とし、この時期の赤ちゃんを新生児と呼びます。 この頃の赤ちゃんは1日のうち16~20時間は眠るといわれるぐらいに、昼夜の区別はほとんどないまま、1日の大半を眠って過ごします。ただし、睡眠は小刻みで1回の睡眠時間は多くても2~3時間ぐらい。夜中も、泣いて起きてオムツを替えてもらい、おっぱいを飲んで眠るの繰り返しなので、ママも長くは眠れません。ママも、赤ちゃんと一緒に寝て起きる生活リズムで過ごすと良いでしょう。 また、赤ちゃんは泣くことでしか「暑い」「寒い」「おなか減った」「オムツが濡れて気持ち悪い」などをママに伝えることが出来ません。 ママはやさしく受け止め、ぎゅっと抱きしめてあげましょう。

✿赤ちゃんの大きさ✿

出生時(正期産)

・体重 約3kg前後

・身長 約50cm前後

1ヶ月

・体重 約3.6~6.0kg前後

・身長 約50.9~59.6cm前後

2ヶ月

・体重 約4.4~7.2kg前後

・身長 約54.5~63.2cm前後

・生後5日目位までに体重が3~10%ほど減少する生理的体重減少が起こります。 (今まで赤ちゃんが体内に蓄積していたおしっこやうんち、老廃物

・汗などが出る事により、約1割程度の体重が減る) しかし1週間程で出生時の体重に戻り、その後は1日に25~30gぐらいの割合で体重が増えていくことがほとんどです。

✿赤ちゃんの様子✿

・睡眠時間は、1日16時間程度です。

・授乳(ミルク)は、約2時間おきに与えましょう。

・ミルクは生後0日で10ml、以降は1日ごとに10mlずつ追加しましょう。

・ミルクの回数は1日8回程度です。

・排尿は1日に5~6回程度です。

・排便は1日に2~10回程度です。

・目やにが出やすいので湿らせた綿棒で優しく取ってあげるようにしましょう。