ママの様子

多くのママが月経再開

産後の生理はいつごろから始まるのでしょうか?

女性のからだは産後に分泌される「プロラクチン」と呼ばれるホルモンの関係で、しばらくの間は生理が止まるようにできています。プロラクチンは母乳を分泌する作用がある一方で、排卵を止めて子宮収縮を促す作用もあります。赤ちゃんが母乳を飲むほどにプロラクチンは分泌されます。

産後の生理が再開する時期には個人差があり、ミルク育児の場合には分娩後約2ヶ月後には生理が再開するママもいます。母乳育児のママの場合は、ホルモンの関係で産後の月経再開は遅くなります。とくに、完全に母乳だけで育てているママの場合は、産後半年ぐらいは月経が来ない場合もあります。さらに遅い場合は7~8ヶ月経って再開するママもいます。

月経が再開するのは、妊娠中は中断していた排卵のためのホルモンが再び働きはじめた証拠です。ただし、産後は徐々にホルモンが働きはじめるため、最初から排卵を伴う正常月経が規則的に繰り返されるとは限りません。なかには無排卵の月経のこともあって、月経周期が不規則だったり、少量ずつの出血が続いたりすることがあります。月経が始まれば、妊娠する可能性が出てきます。次の赤ちゃんを迎える準備ができるまでは避妊したほうが良いでしょう。

赤ちゃんの抱っこで腰痛注意

赤ちゃんの成長は嬉しいのですが、反面ずっしり重い赤ちゃんの体重がママの肩と腰に大きな負担をかけます。腰痛や肩こり、腱鞘炎(けんしょうえん)といったトラブルが起こりやすくなります。

いつも同じ部分に負担がかかるような抱き方はせずに、抱き方をかえたり負担のかかりずらい抱っこひもを選ぶのもおすすめです。からだに疲れを感じたらゆっくりお風呂につかったり、マッサージを受けても良いでしょう。

 

産後の肌荒れを改善するには

妊娠中や産後に乱れがちな女性ホルモンが原因の肌荒れ。一体いつまで続くの?と不安になりますよね。少しでも早く改善されるようにホルモンバランスを整えてあげることはできます。

例えば、食事に関しては、ホルモンの生成に欠かせない亜鉛といったミネラル、ホルモンの働きに関与するカルシウムやマグネシウムを摂取したり、ビタミンであればビタミンEなどもホルモンの分泌状態を整えてくれるので積極的に摂取すると良いでしょう。お肌にも良い効果があるとされるビタミンCもおすすめです。

亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれています。カルシウムはえびや小魚などに多く含まれ、マグネシウムは海藻やエビなどに多く含まれています。ひじきは、カルシウムとマグネシウム両方の栄養を豊富に含んでいます。厚生労働省によると、18歳以上の成人女性の一日に必要なビタミンCの推奨摂取量は100mgとなっています。ビタミンCはレモンやイチゴなどのフルーツや、ピーマンやキャベツなどの野菜に含まれます。ただ、ビタミンC100mgをレモンで摂取しようとした場合、1日5個も食べなくてはいけないのでサプリメントで補給しても良いでしょう。ビタミンEに関しては6mgが上限になっていて、摂り過ぎは逆にからだに良くありません。ビタミンEはひまわり油や大豆油といった植物性の油やナッツなどの豆類に多く含まれます。

栄養バランスを考えた食事は、ホルモンバランスを整えるのにも良い効果を発揮してくれます。

また、規則正しい生活習慣も大切です。

睡眠不足はホルモンバランスが乱れる原因になります。赤ちゃんの夜泣きなど遅くに起こされてしまうことも多いと思いますが、赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたりして補いましょう。適度な運動なども新陳代謝を上げて血行が良くなることでホルモンのバランスが良くなると言われています。

✿ママの体調✿

・ほとんどの方は月経が完全にはじまります。 (完全母乳の方はホルモンの関係で月経の再開が遅い)

✿ママのお肌✿

・母乳の方は水分がとられるせいで便秘になりがちで、肌荒れしやすくなります。

✿この時期のママへのアドバイス✿

・赤ちゃんが寝がえりをしたり、色々なことに興味を示して動き回る時期なので、動きやすい服を着せてあげましょう。

・赤ちゃんがすわれるようになると、すわるタイプのベビーカーを使うとママの負担が軽くなります。

・周囲を観察して色々なことをマネするようになります。遊びでもママがお手本をみせてあげるとマネして遊びます。

・9ヶ月には離乳食の回数を1日3回に増やし、歯茎でつぶせるくらいのものにしましょう。

赤ちゃんの様子

いろいろな表情を見せてくれる赤ちゃんに目が離せない!

人見知りが始まります。ママやパパなど見慣れた顔を見ると嬉しそうに声をあげたりにっこりしますが、見慣れない人には表情が固くなり黙ったり泣いたりします。 でも、このような反応は赤ちゃんの心に情緒が発達してきた証拠です。社会性が芽生えてきて、自分と自分以外の人、いつもそばにいるママや見慣れた家族とそれ以外の人の違いがわかるようになってきたのです。 手の動きも上手になるので、おもちゃを手につかんでテーブルを叩いたりして遊ぶようになります。両手にそれぞれ違う物を握ったり、右手に持っている物を左手に持ち替えることができるようになってきます。 一人でおすわりをしておもちゃでしばらくの間はすわりながら遊んでいられるようになってきます。 8ヶ月頃になるとハイハイを始める赤ちゃんもいます。ハイハイに慣れると、おすわりからハイハイ、ハイハイからおすわりへと姿勢を変えたり、移動するスピードも早くなってきます。 おもちゃだけでなく、室内にある物はなんでも赤ちゃんの好奇心の対象に。手にとった物は何でも口に入れて確かめるので、床や手が届くところに口に入れて危ない物、のどにつまる心配のあるボタンやコイン、電池などがないかいつも点検するようにしましょう。

✿赤ちゃんの大きさ✿

7ヶ月

・体重約6.7~9.9kg前後

・身長約65.0~73.6cm前後

8ヶ月

・体重約7.0~10.1kg前後

・身長約66.3~75.0cm前後

9ヶ月

・体重約7.2~10.4kg前後 ・身長約67.4~76.2cm前

✿赤ちゃんの様子✿

・手の動きが上手になってきます。

・ハイハイを始める赤ちゃんが出てきます。

・乳歯が生えはじめます。

・離乳食はそろそろ舌でつぶせる柔らかさの形にします。

・完全に離乳食になるまでは1日5回くらいを目安に200~220mlの母乳やミルクを飲ませましょう。

・平均的に11~13時間眠るようになります。

・ほとんどの赤ちゃんに歯が生えて、虫歯を防ぐための歯の手入れが必要になります。食後はお茶やお水を飲ませて口の中を清潔にする他、ガーゼや綿棒あるいは歯のお手入れティッシュで歯の汚れをとってあげましょう。歯ブラシもそろそろ必要です。

・9ヶ月頃にはハイハイが上達して、自由に移動できるようになって行動範囲が広くなります。