ママの様子

増えるからだのトラブル!

便秘や痔になったり、足がつったり、むくんだりとからだのトラブルを感じやすくなります。

食物繊維やヨーグルトなどを食事に取り入れて便秘を解消しましょう。脚のむくみを取るにはこまめに水分を補給したり、塩分を控えたりすることが重要なので、塩辛い食べ物はなるべく控えるようにしておきましょう。寝る時に脚の下にクッションを挟むことなども効果的です。

また、おなかが大きくなるとTシャツなどからおなかが出てしまい冷えてしまうこともあります。マタニティ用のウェアやランジェリーを購入しましょう。

体重の増えすぎには要注意!

妊娠中はおなかの赤ちゃんや羊水で体重が増加します。妊娠中期から後期にかけては大体のママはつわりが終わり食欲も旺盛になるので太るのは当たり前の時期です。

しかし太り過ぎは様々なトラブルの原因になるので気をつけて!妊婦さんは糖ではなく脂肪をエネルギー源にします。そのため、脂肪を蓄える働きを持つヒト胎盤性ラクトゲンというホルモンが胎盤から分泌され、皮下脂肪を蓄えようとします。

また、体内の血液量や羊水が増加するので、脂肪の増加と相まって体重はどんどん増えます。この時期に体重が増えすぎると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの合併症を起こすことがあります。

妊娠6ヶ月は体重が週に0.3〜0.5kg増えるのが適切なペースです。妊娠6カ月の終わりころには平均的に出産前よりも6kgくらい増えるものですが、それ以上増えていたら体重管理に気をつけましょう。

※理想体重はこちらをご覧ください

お肌のマイナートラブル

妊娠中はホルモンの影響でシミやそばかす、乳首の黒ずみ、またお肌がかゆくなったり、むくんだり、ニキビができやすくなったりと、いろいろな不快症状が起こります。このような症状をマイナートラブルと言います。
出産後に改善されるものもありますが、元には戻らず残ってしまうことも・・・このようなマイナートラブルを少しでも防ぐにはお肌のケアを心がけましょう。お肌が産前より敏感になるママもいます。合成香料や着色料などが入った刺激の強いスキンケア製品は避け、乾燥しやすいお肌を優しく保湿するシンプルな成分のものを選びましょう。

シミやそばかす予防も忘れずに。お出かけの際には日焼け止めクリームを必ず塗るようにし、日焼け止めクリームも紫外線吸収剤が直接お肌に触れない処方がしてあるものを選ぶと良いでしょう。それでもマイナートラブルの症状が気になる場合は、お医者さんに相談しましょう。

↑UVケアはこちら

✿ママの体調✿

・重心が前にずれ、腰や背中が痛みやすくなります。

・食欲が増加する時期です。 ・おなかが大きくなると同時に、重心が変化し、腰痛、そけい部や下腹部脇の引きつれ感が起こることがあります。

・子宮の増大により下肢のむくみが起こることがあります。

・妊娠20週以降、妊娠糖尿病になりやすくなります。糖分は控えましょう。

・基礎体温が徐々に低下し、36~36.5度くらいになります。

✿ママのからだ✿

・乳頭、乳輪のモンゴメリー腺という皮脂腺が目立ってきます。

・乳首が敏感になりやすいです。

・ホルモンの影響でシミやそばかす、乳首の黒ずみ、またお肌がかゆくなったり、足がむくみやすくなります。

✿この時期のママへのアドバイス✿

・バストにも妊娠線はできます。バストクリームでケアをしましょう。

・お腹を圧迫しないように横向や、抱き枕を抱えるような姿勢で寝ると楽になります。

・産後すぐに必要なものを買いそろえると良いでしょう。

・塩分・カロリーを摂りすぎないようにしましょう。

・マタニティヨガや体操をすると運動不足の防止や体重の管理に良いでしょう。

・つわりの吐き気などにより歯磨きができず歯肉炎や歯周病になっている可能性があります。歯周病は早産に繋がるおそれがあるので安定期の今歯医者さんに行くことをおすすめします。

・おなかの赤ちゃんにたくさん話しかけてコミュニケーションをとりましょう。

赤ちゃんの様子

男の子?女の子?

赤ちゃんらしい顔立ちになり、表情も豊かになってきます。聴力も発達し、ママの声や大きな音が聞こえています。外性器も完成するので性別もほぼ判明します。 また、この頃ほとんどのママが胎動を感じ始めます。

✿赤ちゃんの大きさ✿

・体重約700g

・約30cm

✿赤ちゃんの成長✿

・身体の均整がとれてきます。

・胎脂(ママのおなかの中で赤ちゃんを包んでいるクリーム状のあぶら)ができてきます。 ・妊娠20週ころに聴覚が完成します。

・内臓のはたらきが活発になり、羊水を飲み、腎臓でろ過し、尿として排泄されます。

・頭髪が生え、眉毛、まつげが生えてきます。

・羊水は妊娠19~25週ごろは1週間に50~60mlの割合で増加します。