ママの体の様子

残りわずかな妊婦生活を大切に・・・

もう少しで正期産(妊娠37週から41週までの間のお産)となり、妊娠生活もあと少しです!

頻尿、尿漏れ、動悸、こむら返り(足のつり)などからだのトラブルが起こりやすくなってきます。胃が圧迫されて食欲が出ないときもあります。 赤ちゃんが生まれてから授乳リズムに向けて夜寝つきが悪くなることがあります。気の抜けない時期ですが、赤ちゃんに出会えるまでもう少しなので頑張れる時期でもあります。

この時期にさしかかってくると大きなおなかにもすっかり慣れてきて、運動したい気持ちになったりと、行動が積極的になってきます。 最終段階だからこそケガや病気などしないように気をつけて、残りの時間を大事に過ごしましょう。

胃が圧迫されてご飯が食べられない・・・

子宮が大きくなり、胃や肺を持ち上げることによって胃もたれや圧迫感で食べられる量が少なくなることがあります。

そんな時は、一回で食べられないようなら、食事を小分けにして食べる回数を増やしましょう。食事量が減った分すぐにおなかが減るので、1日の食事を5~6回くらいに増やしてみてはいかがでしょう。お菓子なども食べたくなると思いますが、糖分の摂り過ぎや栄養の偏りになってしまいやすいので控えた方が良いでしょう。間食をしたくなった時はフルーツやヨーグルトでバランスよく栄養を摂りましょう。

 

大きくなったおなかがかゆい!

妊娠後期のかゆみは、妊娠により増えるコルチコステロイドというホルモンの影響や、おなかが大きくなって皮膚が伸びたため起こると言われています。

またかゆくて掻きむしると跡が残りやすくなります。保湿を心がけ、専用のクリームなどでケアしましょう。妊娠線は、上からは見えないおなかの下にもできやすいです。見えない下腹部やお尻や太ももなどにもまんべんなく塗りましょう。ただし痒みが強くなるなどの症状があれば、お医者さんに相談しましょう。

 

✿ママの体調✿

・子宮底があがり、胃、肺、心臓を圧迫します。

・肩呼吸や動機が起きて苦しくなることがあります。

・増大した子宮により膀胱も圧迫され、頻尿、残尿感を感じることもあります。 ・全体的に動作が鈍くなる傾向があります。

・出産に備えて外陰部や膣が柔らかくなります。

・こむら返りが生じる方もいます。

・おなかの緊張が頻繁に起こる方は先生に相談をしましょう。 ・血圧が上がりやすくなります。

✿ママのからだ✿

・おなかのふくらみがMAXになり、ひどいかゆみを感じることもあります。

・皮膚の痛みを感じることがあります。

・不眠が続くこともあります。

✿この時期のママへのアドバイス✿

・入院、出産、育児への準備を再確認しましょう。

・時期、来院方法、家族の動向など入院方法の確認をしましょう。

・マイナートラブル(妊娠中よく起こる不快症状)の程度の把握と対処法を考えましょう。

・早産を予防するために、無理をせず疲れたら休むようにしましょう。

・お肌にかゆみを感じたら、必ず保湿ケアをしましょう。

赤ちゃんの様子

自由に動けなくなるほど大きく成長!

皮下脂肪が増え、顔つきがふっくらし、髪や爪も生え体型も新生児と変わらないまでに成長します。通常頭を下にした位置に落ち着き生まれてくる体勢に。スペースがなくなるので、胎動も静かになります。

✿赤ちゃんの大きさ✿

・体重約2500g

・身長約45cm

✿赤ちゃんの成長✿

・35週になると肺の機能がほぼ完成します。

・胎児を保護する作用がある胎脂(ママのおなかの中で赤ちゃんを包んでいるクリーム状のあぶら)で全身が覆われます。

・髪の毛が長くなり、つめは指の先端まで伸びてきます。